NEW POST

酸味のポーランド

c0206311_02534668.jpg
どこの料理が美味しかったかと尋ねられることもありますが、私はポーランドだと思います。

ポーランドに行ったことのある人の中でも好き好き分かれるのですが、酸味好きなら絶対にポーランド料理はオススメです!

酸味は旨みですからね!



そんなわけで酸味のポーランド料理ピックアップします!

ポーランドに行ったら、ミルクバーを探しましょう。安くて美味い食堂をそう呼ぶそうです。
c0206311_02544733.jpg

いつだかのランチ。サラダにジュレック、クレモフカ、にんじんジュース、コンポートです。
写真には写っていませんが、これにパンをつけた昼食でした。

ではひとつずつ説明しましょう!
c0206311_02534668.jpg


酸味その1・ジュレック
c0206311_02302088.jpg
ライ麦を発酵させたベースを使ったジュレックという酸味の効いたスープです。
ポーランドの代表的スープのひとつ。このライ麦を発酵させるのがなかなかで、日本では入手が難しい!ポーランドに行ったら是非試したい一品です。


酸味その2・ビゴス
c0206311_02302350.jpg
狩人のシチューという別名も持つビゴスも酸味全開です。ソーセージなど肉ばかりがゴロゴロしている中、そんなに重たくないのはザワークラウトがたっぷり入っているからです。ザワークラウトの酸味のおかげでヘビーな肉もペロリ!です。


酸味その3・コンポート
c0206311_02284615.jpg
ポーランドの国民飲料・コンポートはベリーとスパイスで煮込んで作られたドリンクです。甘みが控え目だとかなり酸のたつ飲み物です。

食堂、カフェ、ほとんどのレストランにあります。


酸味その4・レモネード
c0206311_02301855.jpg
ポーランドらしいというわけでもないのですが、夏のポーランドはレモネード率が非常に高い印象です。
冷たいドリンクオススメはレモネード推しのお店が多かった気がします。

スーパーにもレモネード。さらに色付けにベリーを使って可愛い色合いに。
c0206311_02301586.jpg

酸味その5・ポンチキ

穴の空いていないドーナツで、この中にジャムが入っています。このポンチキの一番典型的なジャムがプラムです。やっぱり酸味。
c0206311_02295969.jpg

プラムジャム!ポーランドのスイーツにもプラムを使うものが多いです。お庭がある家はプラムの木が植えられていることも多く、一番身近なフルーツのひとつなんだそうです。
c0206311_02301271.jpg

酸味その6・ライ麦パン
c0206311_02524569.jpg
ライ麦の生産量世界一はポーランドです。農業国家!ライ麦パンは初めて食べる人は酸っぱいパン!と言います。
これがクセになるとやめられないんですよねー。

ポーランドにも豊富なパンの種類があって、ライ麦パンばかり食べているわけでもなく、小麦のパンとバランスよく食べている印象です。
c0206311_02311774.jpg

酸味ばっかり推すのもあれなんで、酸味以外も少し・・・

ピエロギ
ポーランドの水餃子です。
c0206311_03134951.jpg

オブバジャネック
ベーグルの原型とも言われるパンです。ユダヤ人のパンとも言われるベーグル、ナチスによって迫害される前にはポーランドにユダヤ人が多く住んでいました。こんな風にスタンドでどこでも買えます。
c0206311_02533322.jpg

ザピエカンカ
長いピザです。クラクフという街のカジミエジュ地区におそらくポーランド人で知らない人はいないであろう、超有名店があります。
並んで食べる価値はあります。ぜひ!
c0206311_02491700.jpg

クレモフカ
c0206311_02490841.jpg
カスタードパイです。どこで食べてもクレモフカはいろんなのがあって、どれも美味しいのですが、写真のクレモフカがポーランドで食べた中ではベストでした。


ポーランドで良い食事を!!食べ過ぎ注意!
c0206311_02502509.jpg

by sahne-miz | 2018-06-19 03:30 | 食べる | Comments(0)

広島在住、旅好き人間です。訪問国は70以上。冒険求めて世界中どこまでも。世界の食探検「あかいはりねずみ」準備中です。


by sahne-miz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31