NEW POST

海外のゲストハウスの選び方

日本ではゲストハウスブームといわれていますが、海外のゲストハウスはどうなっているんでしょうか?
c0206311_01584236.jpg

あんまり数字にこだわる必要もないのですが、数字が説得力を持つ場合もあるので

ゲストハウスに滞在した回数を数えてみたところ、150程度でした〜(国内含めて)

意外と少ないなという感じが自分ではあるのですが、ホテルや民宿はカウントしていないので、こんなものかもしれません。

兎にも角にも!10年以上貧乏旅行をしてきた中で、泊まった宿を選んできたポイントなどをまとめたいと思います!


ゲストハウスをどうして勧めるのか?の記事はこちらです↓



ゲストハウスは出会いに尽きる!こちらもよかったら〜(青い記事で恥ずかしいけどw)

(※ホステルとゲストハウスは同義語です)


私が旅行を始めた頃はまだまだ歩いて宿探しなんてのは普通、というかそれが当たり前だったのですが、

現在ではほとんどがネット予約がスタンダードです。

Expedia、Booking.com、agoda、hostelbookers、hostelworldなどがゲストハウス探しに向いていると言われています。


どのサイトを使うかは価格設定次第です。同じ宿でもサイトによって価格が違ったりするので複数で探すことをお勧めします。

なのでこのサイトが絶対にいい!ということはありませんが、どのサイトを使うにしても選ぶコツというのがあります。


見るべきはレビューです。レビュー!

ここが一番私が宿選びで重視している点です。

コメントも参考にすべきですが、項目ごとの数値化があって、ここがキーだったりします。

その項目ごとにポイントを見ていくことにします!

・清潔度 

日本と海外の清潔度では振り幅がまるで違います。

一度、これは予約していったわけではないのですが、「今夜空いてますか?」と行ったところ

受付の兄さん「あるよ、はい。これが部屋の鍵。ベッド人がいない空いてるところにどーぞ」と案内されました。

すると、どのベッドも誰かが寝て起きて出て行ったそのまま・・・

どういうことかというと、その日は清掃スタッフがお休みとのことでした。それをそのまま使わせようという荒技ww

(写真がないことが猛烈に悔しい!)

もちろん、そんな宿には泊まりませんでしたが、こういうこともあります。(レアでしょうがw)

あと清潔度で一番注意すべきはダニなどの存在です!これは本当に注意です!なので、ある程度の評価があるところに泊まることをおすすめします。

ちなみにこの写真、スペインの宿でダニに食われて顔の右半分が腫れているんですが、いい具合に影でわかりにくい笑。よかった〜!
c0206311_01204543.jpg


・ロケーション 

ここも重要です。場所があまりにも目的場所から遠いと時間がもったいないですから。

かと言って街中すぎると、外がうるさくて眠れない場合もあるし、人の出入りも夜になればなるほどあったりします。

こちらプラハ・カレル橋のたもとにあったゲストハウス。夜はふければふけるほど音は大きくなり・・・
c0206311_02082987.jpg
大きな都市だとメトロがあるので、メトロ駅の近くで中心部から離れている、というのが日中にしっかり観光して夜はしっかり寝る、という旅をしたい人にはオススメです。

朝まで飲み明かしたい!という人は街中のゲストハウスがべストです。街中でもゲストハウスの一階がバーになっていたりしたら最高ですね。酔っ払っても部屋に戻るだけでいいですから!

悲しいことに、昔よりそういうゲストハウスが減った感が否めないのですが・・・


自分の目的としている場所からどれくらい離れているか、公共機関は近くに通っているか、ロケーションの評価を見ながら地図であらかじめチェックしておくといいと思います。


・セキュリティ

宿のある地域が治安がいいところなのかどうなのか、というのもセキュリティーの数値やレビューを見ればわかると思います。

宿の価格設定を抑えるために家賃の安い、治安のよろしくない場所にゲストハウスがある、という場合も無きにしも非ず、ですから!


そしてまた厄介なのが、部屋の中が安全かというと、必ずしもそうとは言えないことです。

私の友人は貴重品をゲストハウスの部屋の中で盗難被害に遭いました。これは結構よく聞く話です。

部屋にいる旅行者同士だから安心できるわけではないのです!

泥棒が旅行者のふりをしてチェックインし、旅行者の貴重品を盗んで泊まらずチェックアウトするという手口だったりします。


ロッカーがあるからと安心できるわけでもないですが、ないよりは安心です。
c0206311_02145838.jpg


カッターなんかでシャッと破られたらおしまいで、ロッカーより簡単に盗まれますが、私はもう癖でバックパックには常日頃から南京錠がついていますw
c0206311_01304082.jpg
南京錠は鍵タイプよりナンバータイプがいいですよ!鍵の鍵をなくすのが一番怖いw

何にしても貴重品は肌身離さず持ち歩いたほうがいいです。



・サービス 

ゲストハウスは個人で営まれている場合が多く、サービスに関しては個人の酌量次第、と言ったところが本当のところでしょう。

メキシコ・グアナフアトのゲストハウスはロケーションがイマイチ(中心部まで階段が何百段もある)なのに超人気宿がありました。

その理由がお母さんの”サービス”です。

朝ごはんが人気の理由でしたが、人柄がたまらなくいいのです。
c0206311_02203395.jpg
ゲストを家族として迎えるという彼女のポリシーがあり、”チコ”、”チカ”とゲストは呼ばれます。(メキシコでは親しい間柄、例えばお母さんが子どもに呼びかける呼び方)

朝ごはんを食べにキッチンに降りていくと、毎朝お母さんが

「ぶえのすでぃあーす!ちこー!ちかー!」と迎えてくれ、美味しい美味しいとパクパク食べる私の横に座り

「日本では何しているの?お仕事大変?そう、お仕事はなんでも大変ね。美味しい?それは良かった。。」ともうホントのお母さんみたいなんですよ。


ここもとにかくオーナーの人柄がレビューにずらりだった、アルバニア・サランダのゲストハウス。

ノープロブレム!が口癖で、ベランダでのんびりしていると、癒しに歌いに来てくれました。
c0206311_02213946.jpg
こういうのこそ、サービスの真髄ですね。



・施設の設備 

必須条件はwifiの便利さですね。今でこそwifiのないゲストハウスは皆無に近いと思いますが、繋がり状況はけっこう差があります。

国によって停電しやすいともちろんwifi完備していても繋がらないし(IT国家インドさえw)一概に言えないのですが、いくつかモデムを用意しているところもあったり、一つをみんなで取り合いみたいなところもあって、その辺りはレビューである程度参考になると思います。

あと、コンセントが一人一つ用意されているか、とかも書かれている場合が多いです。

海外のゲストハウスではビーサンがあったほうがいい場合が多いです。
c0206311_01320213.jpg
シャワー浴びた後、履いていた靴は履きたくないですからね!




以上、今思いつく中でのポイントでした!いい旅行ができますように!いい宿が選べますように!

by sahne-miz | 2018-03-21 02:43 | しゃべる | Comments(0)

広島在住、旅好き人間です。訪問国は70以上。冒険求めて世界中どこまでも。世界の食探検「あかいはりねずみ」オープンしました。


by sahne-miz
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31