NEW POST

フンデルトバッサーの建物見学!大阪の廃棄物処理施設に行ってきた

c0206311_14214141.jpg

ウィーンの芸術家・フリードリヒ・フンデルトバッサー。

彼がデザインしたゴミ処理施設がウィーンの街中、しかもメトロの駅の目の前にありました。

ウィーンのシュピッテラウ焼却場
c0206311_14030503.jpg
駅の目の前も驚きましたが、後ろには住宅地がずらりと並びます。

煙突から出るのは水蒸気だけというではありませんか。驚きました。


フンデルトバッサー のデザインした施設がなんと、日本にもあるというではありませんか!

旅友が見にいくというタイミングで私も誘ってもらい、見に行ってきました。

館内の見学は事前の予約が必要です!
舞洲(まいしま)スラッジセンターはこちら

大阪市環境局舞洲工場(ゴミ処理工場)はこちら

さてー!まずは舞洲スラッジセンターから見学です。

見えてきました!フンデルトバッサーの建築物。
c0206311_14145224.jpg
やってきましたー!
c0206311_14153254.jpg

正面玄関にはフンデルトバッサー の直筆メッセージがありました。
c0206311_04071071.jpg
私たちは、自然との融和をはかりながら生きてゆかねばならない。
私たちは、これまで不法に占拠してきた領分を自然に返すことによって、人類に夢を取り戻してやらねばならない。
よりよき世界、よりよき美しい世界への希求なくして
私たちは生き残ってゆくことはできない。
1997年5月21日 フンデルトバッサー


自然との融和、「自然に直線はない」というのがフンデルトバッサーの哲学なので、柱もこんなに可愛らしい。
c0206311_04021459.jpg

一つ一つ素材までが違っていて、一本一本見飽きないのです。
c0206311_14150667.jpg
こちらで働く方からスラッジセンターのガイドを受けます。はじめに説明のビデオを見て、職員さんによる丁寧な説明!
c0206311_02443078.jpg
ここの施設では、下水の汚水を濃縮して固形状にし、炭化したり、湾沖の埋め立ての材料として再利用するなどの工程を担っています。


ある物質を入れることで、汚水があっという間に透明な水にと汚れだけが塊に分離する簡単な実験をしました。すごい!


ここは管制室。ほとんどがコンピューター管理なんですね。
c0206311_14155355.jpg

施設内にはフンデルトバッサーの作品の展示が。
c0206311_04031076.jpg

そして屋上に連れて行ってもらいました。説明も丁寧な上に建築もじっくり見て回れて、とても満足。
c0206311_14160592.jpg
上からじゃないと分からなかった、小さな建物の上にも庭園が!
c0206311_04045442.jpg

眺めがいいですねー!
c0206311_14162594.jpg


c0206311_14163649.jpg

このあと見にいく予定のゴミ処理工場も見えます!
c0206311_04064070.jpg

工場好きにはたまらない、この管の数々。
c0206311_14164892.jpg
フンデルトバッサーの曲線。地面もフラットではありません。それがまた歩き心地も良かったり。
c0206311_14172525.jpg
c0206311_14173872.jpg

続いては、大阪市環境局ゴミ処理工場です。
c0206311_14181739.jpg
c0206311_04074056.jpg

上には大阪市のマークが。
c0206311_14184363.jpg

さてー!ここも見学へ。
c0206311_14185835.jpg

ゴミ収集車がここから出入りして、ゴミを施設に運んでいきます。
c0206311_14211452.jpg

運ばれたゴミはここへ。ここにやってくるゴミは家庭のゴミよりも企業のゴミが多いそうです。
c0206311_14202445.jpg

運ばれたゴミは可燃と不燃ゴミとに分かれますが、こちらは可燃ゴミです。固まっているのをほぐしている様子。
c0206311_14194768.jpg


ここは不燃ゴミ。どんどん原型を壊していく様子ですが、企業のゴミが多いせいか、”あれ、なんだったんだろう?”っていうのも多かったです。
c0206311_14203583.jpg
見学者を多く受け入れる設備がしっかり整っていて、いろんな展示も多いです。
こちらはこの施設のモデル。
c0206311_14205017.jpg

ゴミを燃やしたエネルギーで発電している量が表示されています。
c0206311_14200279.jpg

ここがこの施設の管制室。表示パネルも直線ではない・・・!
c0206311_14212792.jpg
この煙突からもウィーンと同じように、水蒸気しか出ないそうです。

c0206311_14210274.jpg
大阪のゴミ分別は日本の中でも厳しい方だと言われていますが、こうやって実際に廃棄物処理の工程を見ると、出したゴミに対して”責任を持つ”ということを考えさせてくれました。
フンデルトバッサー の「自然との融和」ということを考えると当然なのかもしれません。

充実した見学でした!

by sahne-miz | 2018-02-13 03:25 | 観る | Comments(0)

広島在住、旅好き人間です。訪問国は70以上。冒険求めて世界中どこまでも。世界の食探検「あかいはりねずみ」準備中です。


by sahne-miz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31