NEW POST

見える壁と見えない壁

またここ最近、「壁」という言葉を耳にするようになりました。


私が壁のことを考えたのは2009年、村上春樹がエルサレム賞を受賞して行ったスピーチの時でした。

「高くて硬い壁と、壁にぶつかって割れてしまう卵があるときには、私は常に卵の側に立つ」


このスピーチが行われたイスラエルで、何が起きているのか当時はよくわからないままでした。

そしてしばらくして、私はその国が建設した壁を見ることになるのでした。
c0206311_22411373.jpg
ぶつかって割れてしまった「卵」の肖像も。
c0206311_22414326.jpg


最近ではこんなメッセージの動画を見ました。


「難民キャンプで過ごす中で一番大変なことは孤独です。
人々は私たちの周りに壁を作り、国は壁の周りにさらなる壁を作ります。」

彼の言う「壁」とは必ずしも物質的な壁のことだけを指していません。


トルコの友人が新年のお祝いに送ってくれた手紙にトルコの詩を引用して、こう書かれていました。

「一番遠い場所とはアフリカでも中国でもインドでも、夜に輝く星でもない
一番遠い場所とは、お互いに理解できない精神のことだ」


私が見たような物質的な壁はさまざまな衝突、摩擦があって防御のために作られるものですが、
それ以上に一人一人の心にも「心の壁」が芽生えてしまいます。

見える/見えないは関係なく「壁」を作ることで、見ない・聞かないことによって心を閉ざしてしまう・・・

そういうことが世界中に何と多いことでしょうか。何もイスラエルだけのことではありません。もちろん私たちの周りにも潜んでいると思います。


ベルリンの壁は東西ドイツを分断していた象徴として有名です。

この壁は一晩でできたとも言われていますが、崩壊するのもあっという間でした。

そして、ベルリンの壁崩壊は東西ドイツ統一の象徴として、今では壁の一部はアートとして生まれ変わっています。
c0206311_23422054.jpg

壁がなくなり東西ドイツも統一、めでたしめでたし、と言うわけではありませんでした。

人にもよりますが「心の壁」というのは25年以上経った今でも残っているのです。


同じドイツ人なのにただ25年間、社会体制が違っていたというだけで、自ずと生活背景や考えなどに違いが生まれ「壁」が築かれてしまっていたのでした。


今はかなり解消されてきたと言いますが、当面続いていた東西の人の経済格差、価値観の違い

そして何より東の人々が抱えた「負い目」。
(東ドイツの膨大な負債を西ドイツは一緒になって返済をしました。返済のための節約を東の人は高圧的と感じ、それが今でも続いているという人もいます)



90年代にニュースでよく聞いた国、ボスニア・ヘルツェゴビナ。かつての激戦地には橋が架けられていました。

橋はただ道と道をつなぐだけでなく、人と人をつなぐ役割もあります。

しかしこの橋は現在、観光客などこの土地とは関係のない人しか渡ることはありません。
c0206311_23591205.jpg
戦争中にこの橋は破壊され、第三国によって建設されましたが、地元ではこの橋を建設することに反対意見すらあったそうです。

橋で繋がっても人々の心にはまだ高く厚い壁が立ちはだかっています。



壁を作ることなんて、何にも難しくないのです。長さが何キロになったとしても、どんな難しい地形であっても解決されるのです。

人の心が変わることほど難しいことはないと思うのです。

これを世界で起きたことや歴史から学ぶべきです。こうやってずっと同じことを繰り返していくのが世界なのでしょうか。


心の壁は目で見ることができませんが、現実の壁は目で見ることができます。そしてニュースのイメージで「壁」が私の目に映るたび、吐き気のような目眩のような感覚がありましたが、今はもう慣れてきました。

世界は静かに見守ることしかできないけれど、せめて自分自身の気持ちくらいはオープンであり続けよう、と思う今日この頃でした。

Commented by slow33jp at 2017-01-29 06:43
イラン人の入国禁止とトランプさんが言い出しましたね。
イランで会った女性がアメリカの大学で働いてる弟を訪ねて
アメリカ訪問した時の写真を見せてくれました。
イラン人も簡単に入国出来るんだとアメリカの懐の大きさに
敬服しましたが、あの女性も弟に会えるチャンスはこれから
少なくなるのかなと思います。
政治家によって世界がこんなに変わるとは。。
Commented by sahne-miz at 2017-01-29 21:12
次々と発表される出来事に行く末が不安になってしまいます。
状勢が変わり在米の7カ国の人々もさぞ不安な生活になるのではないかと思うと心が痛みます。
by sahne-miz | 2017-01-29 00:51 | 祈る | Comments(2)

広島在住、旅好き人間です。訪問国は70以上。冒険求めて世界中どこまでも。世界の食探検「あかいはりねずみ」準備中です。


by sahne-miz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31