NEW POST

Harbin

c0206311_21595770.jpg


私の通った小学校はかなり偏った教育を徹底していた。

今思えば空恐ろしい。

いかに戦争で中国・韓国に日本軍は卑劣な行いをしたか、

そして現代、それを隠し、ごまかし開き直っているか

それはたとえば、南京大虐殺だったり、強制連行だったり、従軍慰安婦だったりした。

今思えば、愛国心ではなく、嫌国心を植え付けるようなことばかり習った気がする。


過去に起こったことはしょうがない。

だけど、それを反省して、どうやって良き日本という国を作っていくか?ということは

小学生でも、教諭の誘導次第でずいぶん考えることができる気がする。

だけど、そんなことはほとんどなかった。

天皇は今の時代に本当に必要なのか?など偏ったことばかり。

班という言葉は関東軍で使用されていたから、班という単語は禁止!グループと呼ばないと怒られたり

テストに点数をつけなかったり、徒競走も全員で一緒にゴールしたり

ばかばかしい。

そう思っていた私は教諭から嫌われていた



それをずっと引きずって約20年

ハルピンに行く理由はひとつ

731部隊跡を見に行くこと


去年、竹本忠雄先生という方の勉強会に参加し、先生から南京大虐殺は偽造された内容も含んでいると学んだ

今まで疑うことのなかった真実を聴いた衝撃には未だに戸惑っている

先生にあとで、小学校のエピソードを話すと、先生は

「あなたも現代の犠牲者の一人です」

とおっしゃった。

涙が止まらなかった

どうして、日本という国を愛することを学校でもっと教えてくれなかったのか??と。


20年という歳月はあまりにも長く、まだまだ自分の中で整理がつかない。

731部隊においても、ほとんど証拠が残されていない。

そこにいったところで自分なりの答えが見えるわけでもないし

証拠も見つかるはずもない

70年という時間が過ぎてしまったわけだから


ハルピン出身の中国人からは

「ぜーったいに行かない方がいいよ、おすすめしない!」

と言われたけど

ぶん殴られもいい覚悟で行くからと言うと

「オーケー、だけど、嫌いにならないでね?」

と言った。


むしろ中国と仲良くしたいから私はそこに行くんだよ?

そこの根底には日本のために戦った私たちの祖先を嫌っていた反省があるからこそ。


20年前に鈍器で傷ついたような痛みを引きずるよりは

覚悟を決めていった方がいい。


中国ともきっと仲良くなれると信じている。

台湾・韓国・中国と仲良くなりたいシリーズ旅も今回で最終回。

自分なりの答えが見えてきそうだ。

旅のあとに自分の考えがどう変わるか

楽しみです
by sahne-miz | 2013-07-11 22:00 | しゃべる | Comments(0)

広島在住、旅好き人間です。訪問国は70以上。冒険求めて世界中どこまでも。世界の食探検「あかいはりねずみ」準備中です。


by sahne-miz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31