NEW POST

訪日観光客は果たして言葉に困っているのか?を考えてみた

c0206311_02244069.jpg
訪日ラボというサイトでこんな記事を見つけました。



観光庁の行った2016年のアンケートの中で、旅行中に困ったことという項目があり

【施設スタッフとコミュニケーションが取れないことに困った】と回答した訪日客が32.9%という結果が出たそうです。

もうひとつ、注目すべきは【困ったことはなかった】という回答が30.1%というところ。

私は後者が日本のすごいところ!と思うのです。


だって海外旅行に行って困ったことがなかったんですよ?すごくないですか?!

タイトルにもつけましたが言葉の違いがあります。国によっては文化の違いもかなりあります。

さすがに慣れて来ましたが、外国に行って私はいつも思っていたこと「わー何もかも違う!」。



広島でゲストを迎えて1年が過ぎ、迎えたゲストの出身国を数えてみると・・・24カ国!

ダブっている国も多くあるのでもっと多くのゲストを迎えたことになります。

日本に滞在して言葉に困ったという話は日本に来られた人の中には我々のゲストではたった一人を除きあとはいませんでした。

「通じなくてもみんな優しいからなんとかなる」みんなが口を揃えていう言葉です。


気になるたった一人の言葉に困ったというゲストとは。

交換留学で岐阜の芸術系の大学に来たけど日本語のクラスしかないとのことでした。(彼女はスペイン人)

まぁそれを彼女は知った上でやって来て、制作活動に専念しそれで単位を取れるので開き直ってはいましたが。

これは特殊な例。



私のバイト先のカフェは英語のガイドブック・ロンリープラネットで広島の【drink】コーナーのトップに掲載されている店です。

店のスタッフ、実はこのことを誰も知りませんでした!

ロンプラには英語メニューあり、と書かれています。しかし英語を話せる人がいない・・・

近くにゲストハウスができたこともあり、外国のお客様が来られることが急増しています。

しかし果たして困って帰る人がいるかと言うと、皆無です。言い切ってしまいますがww


それはなぜか?

一応英語でもメニューは書かれています。しかし、ランチでは本日のメニューというのがあり、それは英語表記はありません。日によって違いますからね。

だからスタッフみんなでなんとか説明しようとするし、うまくできなかったら実物を見せたり、とにかく伝えようと努めるのです。

私個人的にはそれが一番大事なんじゃないかと思います。だから満足したという言葉をレジで残して帰っていきます。

言葉が全てではないんですよね。


私もいろんな国を旅行しましたが、言葉がスムーズに通じる国があったかどうか?そんな国なんてありません。

だって私の母国語である日本語を話す国は日本以外ないですから。

わからなかったら、一生懸命伝えようとしてくれる人がいて温かい気持ちになったし、言葉のバリアを問題として捉えることはほとんどありませんでした。


今日もバイト中にメキシコのお客様が来られ、

「日本で一般的な外国語ってなに?」と聞かれました。イミグレでも英語が通じず、コミュニケーションが取れなかったけど

だからと言って困ることはない、だってみんな親切だからとやっぱりここでも言っていました。


私個人的な意見で賛否両論あると思いますが、海外旅行に来ているんだから、言葉のバリアがあって当然。

あるからこそいい思い出になるし、通じないことですごく不快になるとかめちゃ困るってことは、また別の要素があるんではないかと・・・。


世界で一番外国人旅行客を迎えるフランスがめちゃくちゃ言葉が通じる国かといえば、そうでもない。フランス語しか喋ろうとしない人も多い 笑。

街で話しかけようとすると、「ノーイングリッシュ!!」と言われることだってあるし

スーパーのレジではどーせフランス語わかんないでしょ、と金額の表示画面を無言で指差して会計終わらされたことだってあります。


日本が外国人を迎えるために多言語のパンフレットや言語教育をするのはいいことだとは思います。

そういうところが日本のいいところでもあります。相手に合わせようと努めるところ。


だけど、そればかりではなくもっと別のことにも目を向けるべきです。

私はグローバル・スタンダードなんて存在しないと信じているので、日本は日本らしく、日本らしさを追求する面もあっていいと思うのです。

どうして人々がフランスに行くのか?危険で体調崩すリスクがあるとしてもインドに行くのか?

それはその国に魅力があるからです。

その魅力というものを客観的に見て(客観的というのが大事。時に日本は主観すぎる)そこを伸ばしていくことを忘れずにしていかなきゃいけないと思います。


言葉の問題は確かに大きいかもしれません。コミュニケーションに困った人は32.9%ですから。

だけどそこを気にしすぎて、もっと大事なものを見失ったりしないようにしたいものです。

トラックバックURL : http://sahnemiz.exblog.jp/tb/26846658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sahne-miz | 2017-07-28 02:40 | 考える | Trackback | Comments(0)

カフェと朝ごはん、音楽を求めて17ヶ月・58カ国を旅行しました。Facebookページ「みんなのあさごはん!」やってます。もうすぐ訪問国70カ国!


by sahne-miz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31