NEW POST

中東のパン事情

以前、ヨーロッパのパン事情やったので、中東をはじめ、コーカサス・北アフリカまるっとパン事情やります!

(以前は北から南の気候でパンの色が変わっていく考察を書きましたー
二つ目はヨーロッパのつながりをユダヤ文化から見てみましたー)




中東、コーカサス、北アフリカのパンは日本ではお見かけしないパンが勢ぞろい。日本ではメジャーでなくても、実はヨーロッパより負けず劣らず美味しい国がほとんどです!その理由はまた後ほど・・・


アゼルバイジャン

アゼルバイジャンに限らず、中央アジアではこんな平たい丸いパンが一般的です。
c0206311_17000781.jpg
これはスーパーで買ったパン。
c0206311_16584789.jpg
市場でもこんな風に売られています。
c0206311_16591772.jpg
ジョージア

ジョージアは料理も有名ですが、パンもレベルが高い!
パン屋さんが独特で、味以上に強烈でした。ここ、パン屋さん。スクワットショップ。しゃがまないと買えないシステム 笑。
c0206311_17060014.jpg
ここは鉄格子の隙間から買うシステム。
そしてこんなに大きい!袋なんかに入らないから手で下げて帰りますw
c0206311_17051432.jpg

鉄格子の中やスクワットショップを除くとこんな感じ。職人が黙々とパン作りに勤しんでいるのです。
c0206311_17063098.jpg

ちなみにグルジア語でパンのことはプリと言いますが、これは卵がのっているのでハチャプリ。卵は中に入っていたり、いろんな形がありますが、アジャラ地方のハチャプリはこんな感じです。アジャルリ・ハチャプリと呼ばれます。
c0206311_00425862.jpg



ヨルダン
c0206311_17075849.jpg
中東はピタが多いです!
c0206311_17085882.jpg

そして、ピタとともに完璧な食卓。ホムス、ファラフェル、そしてチャイさえあれば。
c0206311_17082820.jpg
ピタはこんな風にファラフェルと野菜を詰めて食べることも多かったです。ピタサンド!
c0206311_00492386.jpg

エジプト

エジプトもピタを食べました。ほわんっとして可愛いピタでした。
c0206311_17471638.jpg

熱冷まし?外のなんだかよくわからないところに並べられていました。そしてこのまま売っている図w
ぷくっと膨らんだ焼きたてピタでした。
c0206311_17474693.jpg


イスラエル
c0206311_17094358.jpg
土曜の安息日に食べるハラー。

ユダヤ人のベーグルはあまりにも有名ですが、こんなベーグル?もありました!びよーんと伸ばしたような形。
c0206311_17142141.jpg

びよーんと伸びたベーグルはどちらかというと、アラブ系の人々が住む地区に多く売られていました。
c0206311_17132102.jpg
c0206311_17135117.jpg

イラン

スーパーフレンドリーなイラン人。パン屋ももれなくスーパーフレンドリー。
c0206311_17155812.jpg

中まで入って見せてもらいました。中東やコーカサス、北アフリカのパンが美味しい理由はこれ。電気やガスではなく、薪を使っているから!!
c0206311_17152791.jpg

パン、ジョージアに負けず劣らず大きいので、こちらも手で下げて帰るパターンです。スケボーの板みたいに。スケボーみたいなのがバルバリと呼ばれるパンです。バルバリはクリスピーな感じもあります。

パルバリの上に乗っている色の薄いパンはペラペラでクレープ生地のようなパン・ラヴァッシュ。これは何かを巻いて食べることが多いです。
c0206311_18372793.jpg

ラヴァッシュはこんな感じで使います。
c0206311_00500640.jpg

バルバリは小さく切って食卓に並べます。
c0206311_17145733.jpg

モロッコ

この国はパン生地を家で作ってパン屋で焼いてもらうという仕組みがあるそうです。

この女性はパン生地を乗せた鉄板を持ってパン屋へ向かっている様子。
c0206311_17162817.jpg

モロッコのパンもレベルが高い!パン屋というのは存在せず、いや、存在しないというか、パンを焼くところではあまり売ることを主体にせずただ焼く専門で売るところは売るところで別にあります。

たまたま見つけたパン屋さんをのぞいたら分けてくれました。
バゲットと
c0206311_17172334.jpg
丸い平パン。
c0206311_17180131.jpg

チュニジア

フランスの影響が色濃く残っています。もともとアラブの春が起きる前はヨーロッパ化に政治的にも寄っていた国でした。
首都・チュニスでは若者はフランス語をカッコつけて喋り、アラビア語は話さないという人もいるほどなんだそうです。

こちらバゲット。
c0206311_17185427.jpg

かたや砂漠では昔ながらの生活を続けており、砂漠に生きる人は砂でパンを焼いています。砂を熱して砂の上に直に置いてそして埋めるのですが、できたパンは全然砂がついていないという。

ヨルダンのアラブの遊牧民族・ベドウィンたちもこうやってパンを焼いていました。
c0206311_17205138.jpg

チュニジアには揚げパンもありました。
c0206311_17212051.jpg

トルコ
トルコも前にトルコのパンだけだけ取り上げたのですが!
(こちら)


トルコもパン大国!
c0206311_17282302.jpg

アンカラのシミットは最高です!
c0206311_17240376.jpg

ここもやっぱり薪。レストランでも薪を使った釜があります!トルコはパンを守るための法もあるくらいですから。
c0206311_17243411.jpg

イスタンブールのタクシム広場の近くにはシミットサライというおしゃれなシミット屋が。
c0206311_17271593.jpg

なかなかモダンなシミット屋です。
c0206311_17300315.jpg


おかずパンも充実!卵が入っていたりー。こちらはピデ
c0206311_17252018.jpg
c0206311_17255015.jpg
エトリ・エキメキも外せない!トルコ風ピザです。
c0206311_01041141.jpg

パンもいろいろ!またパン食べに行きたい国ばかりー!

トラックバックURL : http://sahnemiz.exblog.jp/tb/26826443
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sahne-miz | 2017-07-20 01:12 | 振り返る | Trackback | Comments(0)

カフェと朝ごはん、音楽を求めて17ヶ月・58カ国を旅行しました。Facebookページ「みんなのあさごはん!」やってます。もうすぐ訪問国70カ国!


by sahne-miz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31