NEW POST

オススメの世界の美術館10選!後半ー

前半からの続き、行きます!

6、ボテロ美術館(コロンビア・ボゴタ)
c0206311_14590937.jpg


フェルナンド・ボテロというコロンビア出身の画家のための美術館です。ここは入場料無料。太っ腹です!そして館内もとても充実しています。


ボテロがモナリザを描くとこうなる。
c0206311_15005362.jpg

太っ腹なのは外見もでした!花束もこの通り。
c0206311_14593926.jpg


彼が描くとなんでもこうなってしまいます。彼の彫刻も有名ですが、ここは絵画がメインとして展示されています。
c0206311_15013529.jpg


無料ですが、お客さんもそんなに多くなく、のんびり観ることができました。
c0206311_15013832.jpg

中庭もあって、部屋を出て庭で休憩しながら鑑賞もできてなかなかいい。
c0206311_15012261.jpg

ボテロ以外にもミロやピカソ、ダリなどの展示もあります。
c0206311_15015846.jpg

その国出身の画家の作品をを観ることは何か特別な気がします。作品が充実していることもあるし、あの風景をこの画家は見ていたのかも、と感じることができます。ボテロの絵にも白い壁の街。
c0206311_15072289.jpg

彼はもしかしたら、コロンビアの街・ポパヤンを描いたのかもしれない・・・と想像することができます。
c0206311_15092756.jpg


7、トレチャコフ美術館(ロシア・モスクワ)
c0206311_15184316.jpg


ペテルブルクにエルミタージュ美術館が巨大があっても、モスクワにも趣味のいい美術館があります!プーシキン美術館はエルミタージュに次ぐ収蔵品が世界第二位という凄さもありますが、トレチャコフ美術館は程よい展示量で私は好きです。

イリヤ・レーピンというウクライナの画家も私は個人的に好きなのですが、ここには彼の作品がたくさん展示されています。


文豪・トルストイを描いたもの。
c0206311_15193314.jpg

そして奥さん。これは有名ですかね。
c0206311_15192192.jpg

他にもクラムスコイの忘れえぬ人(左下)もあります。
c0206311_15190959.jpg

展示もセンス良く、とても気持ちの良い美術館だと個人的には思いました。
c0206311_15334011.jpg


8、イェレヴァン現代美術館(アルメニア・イェレヴァン)
*Modern Art Museum of Yerevan で検索してください!
c0206311_01052856.jpg
外観は美術館にしては小さく、なんでもない建物のように見えるのですが、展示はなかなかアルメニアらしいものが揃っていて満足でした。

博物館の方は旧ソビエトらしい、かなり大きい作りで美術館も併設されていますが、作品の質で言えば個人的にはこちらが好きでした。


訪れる客もそんなに多くないのか(オフシーズンだったから余計に)我々しかお客はおらず、電気も我々のためにつけてくれる感じのアットホームな美術館でした。
c0206311_01014192.jpg

色がぱきっとして美しい!写真でも十分鮮やかですが、この躍動感は写真では伝わらないです。
c0206311_01012833.jpg

ジョージアのピロスマニ画伯的な可愛らしい絵画はアルメニアにもありました。
c0206311_01015404.jpg

反射でうまく撮れていないのですが。
船?!なんだかわからないけど、おとぎ話の世界みたい・・・!
c0206311_01021084.jpg

民族衣装をつけた男女が音を奏でて待っている風景。いいですね〜。
c0206311_01033274.jpg

ここもアルメニアに来たからこその展示がずらりですし、この色使いはアルメニアならではだと思います!色の美しさや配色など素晴らしい!

アルメニアは教会からパウル・クレーを感じさせる”ツギハギ”な色の使い方が魅力的で、この模様は国会や国立の博物館などにも見られます。

c0206311_01010433.jpg



9、ルイジアナ近代美術館(デンマーク・コペンハーゲン郊外)
c0206311_01210906.jpg


まず先に言っておきます!ここは北欧の短い夏に訪れることをオススメします!

というのも、ここは館内の展示を鑑賞するだけでなく、自然と一体になった彫刻や芸術を観ることが素晴らしいと思うからです。

雪景色でも美しいと思いますが、窓から見える池と木々の緑が背景になってこの空間が素晴らしいものになっているように感じます。
c0206311_01193248.jpg

彫刻が自然に溶け込んだ風景の中、ピクニック気分でサンドウィッチを食べるのも良いですよー。
ヘンリー・ムーアやアルプの作品が並びます。
c0206311_01201339.jpg

実は私、ここが好きで二回も訪れてしまったのですが(!)、春のはじめと夏で、やっぱり夏が断然よかったです。

カルダーの作品と海と空。まだ空は寒く、夏のような日差しもないので、どことなく暗い感じもします。
c0206311_01220955.jpg


北欧らしい調度品も揃っていて、館内も十分の見応えです。
c0206311_01275627.jpg

作品が所狭しと並ぶわけではなく、スペースも十分あって、ゆっくりと作品に向き合えるのがこの美術館のいいところです。
このスペースは画家ごとの年表など資料が置かれていて、じっくり学ぶこともできます。
c0206311_01195981.jpg

木目調と白の絶妙な館内は現代の奇抜な作品も優しく包み込んでくれます。
c0206311_01194680.jpg



10、ダリ美術館+ダリの家(スペイン・フィゲラス+カダケス)
c0206311_01422857.jpg


この美術館に行ったのがもうかれこれ7年も前。絵画へ興味を持ったきっかけになったのがダリで、カタルーニャでダリ三昧の日々を送っていました。
フィゲラスのダリ美術館。

この黄色い点々は・・・

パン!
c0206311_01421457.jpg

館内にもパンの静止画
c0206311_01410959.jpg


正真正銘の金色のパンも。なんだこの人!面白いじゃないか!とクスクス笑ってしまいます。
c0206311_01412160.jpg

遠くから見ると男性だけど
c0206311_01413398.jpg

実は女性(奥さん)が潜んでいるという仕掛け絵もありました。
c0206311_01414635.jpg

この美術館はまるでテーマパークのごとく、若い人で賑わっていました。
c0206311_01420136.jpg

面白く、シュールな作品を残した彼ですが、その人の生き方がまた私には魅力的でした。

やっぱり勉強量、努力している量が半端ではないなと感じたり。フランスの画家・ミレーの模倣画。
c0206311_01424567.jpg


そんなわけで、家も近くにあるということで行ってみることにしました。電話予約が必要とのこと、予約を公衆電話からして、道順も聞きます。

20分、まっすぐ進んで、と。とても漠然とした言葉でした。

バスで着いた先は、案の定、どこをどうまっすぐ進んでいいのかわからなかったのですが、幸いにも声をかけてくれたバイクのおじさんが乗っけて行ってくれるということで、逆ヒッチハイク笑。人生初のヒッチハイクでした。
c0206311_02045483.jpg

バモス!とバイクに飛び乗ったら、バモスの前にヘルメットをかぶってくれなきゃ警察に捕まるから・・・とヘルメットを慌てて出すおじさんの焦り具合が忘れられません。

話は逸れましたが、この塔が目印です。
c0206311_01473314.jpg

ダリの家はガイドさんと時間ごとに何人かのグループで見て回ることしかできませんが、ついこないだまでダリが住んでいたかのようなままの状態で保存されていますし、住居ですからね。

奥さんがなくなって描くことができなくなったダリ。この絵も途中で終わっています。
c0206311_01470319.jpg


絵筆もそのまま保存されています。
c0206311_02023931.jpg

とても趣味の良い住居でした。生き方そのもの芸術で、家そのものも芸術だと思いました。
美術館にもあった、卵。外観にたくさん乗せられていました!(上の写真にも出ています!)
c0206311_02001133.jpg

裏庭にはプール。ミシュラン君がいました。
c0206311_02005236.jpg

ここにもミレーが。美術館で見たのと、同じものです。
c0206311_02032460.jpg


まだまだ知らない画家もいますし、知らない作品もたくさんあります。これからもいろんな土地を旅して、その土地ならではの芸術に触れてい来たいと思います!
いつかノルウェーにムンクを観に行きたいです!

トラックバックURL : http://sahnemiz.exblog.jp/tb/26628883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sahne-miz | 2017-05-02 02:09 | 観る | Trackback | Comments(0)

カフェと朝ごはん、音楽を求めて17ヶ月・58カ国を旅行しました。Facebookページ「みんなのあさごはん!」やってます。もうすぐ訪問国70カ国!


by sahne-miz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31