NEW POST

世界三大美術館制覇!最後はメトロポリタン美術館

c0206311_01591082.jpg
むしゅは絵画が好きです。

私もその影響で東京に住んでいる時から美術館に通うようになり、観る楽しさを知るようになり、旅先でも時間があれば美術館に行くようにしていました。

そしてついにコンプリート。世界三大美術館!

ひとつめ。ロシア・サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館
c0206311_00363476.jpg
ふたつめ。フランス・パリのルーブル美術館
c0206311_00371403.jpg
そしてアメリカ・ニューヨークのメトロポリタン美術館です!
c0206311_00400049.jpg
私はメトロポリタン美術館はこのイメージ。ずっとこの曲が頭の中で繰り返されていました・・・



確か、アニメーションではこういうところで踊っていなかったっけ・・・?
c0206311_00415237.jpg
こんな女の子が・・・
c0206311_01380706.jpg

ファラオと踊っていたっけ・・・
c0206311_01474848.jpg

この画家の絵の中に入ってしまって・・・
c0206311_01383777.jpg


3つの美術館に共通して言えることは巨大な美術館だということ。

ひとつひとつ観ようものなら何年もかかりますw (これは冗談ではなく、そういう計算をした人がいます!)

だから観たい作品を決めて、展示場所がどこかを確認して行くことがベストです。

私はそういうことができないタイプですが、幸いにもむしゅがそれを担当していて効率よく、メトロポリタン美術館(以下、メト)の場合は丸一日で充実した観賞を楽しみました!

メト以外はチケットを取ることすら苦労しました。

エルミタージュはインターネットで事前にチケットを買って事前購入者の列に並んでチケットをゲットしました。

ルーブルは朝の開館1時間半前くらいから並んでチケットをゲットしました。

さもないと、こんな行列に並ばないと入れません!観るだけでも時間が必要なのに、並ぶなんて時間が勿体無い〜
(こちらはルーブルの様子です)
c0206311_00495998.jpg

しかし!メトはスイスイ♪
c0206311_00403021.jpg
金額は決まっておらず、受付の上にオススメ金額も書かれていましたが・・・

うちら「1ドルずつ払います」
c0206311_00410629.jpg
絵が好きなくせにこんな少ししか支払わずごめんなさい!!受付の方はなんてことなく1ドルと打ち、チケットを発券してくれました。


何万点とある作品ですが、せっかくアメリカの美術館に来ているのだからアメリカの画家を観なければ!

知らないアメリカの画家もたくさん展示がありました。こういう作品こそ、アメリカでしか観ることのできないものなのです!!

風景が昔のニューヨークですねー。
c0206311_01010465.jpg
アメリカ開拓時代を思わせる絵画。
c0206311_01050666.jpg

c0206311_01212777.jpg
c0206311_01205706.jpg
色がアメリカ大陸だなと個人的には思いました!
c0206311_01054847.jpg
ウスイ・ブンペイさんという画家の作品。日本生まれだけどアメリカ人として活躍された画家だそうです。
c0206311_01082526.jpg

アメリカタイムズと名付けられた作品。チャップリンの映画を思わせる作品です。
c0206311_01100331.jpg

c0206311_01104863.jpg

ホワイトフラッグと名付けられた作品。星条旗が白で描かれていました。
c0206311_01243835.jpg

メトの屋上。ここでは飲食もできます。眺めもいいです。我々は持って来たパンで昼食休憩!
c0206311_01215861.jpg

来館者数は多いですが館内がとてつもなく広いので、のびのびと観ることができます!
c0206311_01225959.jpg

エドワード・ホッパー!アメリカを代表する画家です。
c0206311_01061726.jpg

c0206311_01093204.jpg
ジャクソン・ポロック。日本でも特別展やっていましたが、行って観て良さを知りました。
写真の平面ではほとんど伝わりません。生命力とか、強さとか、そういうのが感じられる作品です。
c0206311_01222929.jpg
絵画全てに言えることですが、やっぱり本物を目の前にしないと感じられないことの方が多いです。
c0206311_01233972.jpg
ノーマン・ロックウェル。日本でこの三人だと一番人気かもしれないですね。
c0206311_01393442.jpg

アメリカ以外からも少し。

アンリ・マティス。彼の作品はかなり多いように思いました。

エルミタージュに一人でやって来たとき、マティスの作品に感激して、むしゅと一緒に行った時にはリニューアル中で観ることができず残念な思いをしたのでした。メトでたくさん観ることができて大満足です。
c0206311_01293009.jpg
色が素敵です。
c0206311_01441090.jpg
なんか意味不明な作品に見えるのに、クセになる!
c0206311_01443977.jpg
c0206311_01451080.jpg

さりげなくこの人もいた笑!
c0206311_01363899.jpg
ひまわり。ひまわりが生きている。
c0206311_01372130.jpg
大きな美術館ですから、他にもフランスの印象派はもちろん、スペインのシュルレアリズムの画家もゴッホ以外のオランダの画家などの有名どころは一通り揃っています。

エジプトのファラオも眠っていますが、中東文化の絵画や展示品も多く、時間があればゆっくり鑑賞したかったです。


今度行く機会があれば、この時の鑑賞料分もお支払いしないといけない・・・!と思えるほど堪能できたメト美術館鑑賞の一日でした!



エルミタージュ美術館の記事!



ルーブル美術館に行った時の記事です!



by sahne-miz | 2017-01-24 01:57 | 観る

カフェと朝ごはん、音楽を求めて17ヶ月・58カ国を旅行しました。Facebookページ「みんなのあさごはん!」やってます。もうすぐ訪問国70カ国!


by sahne-miz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30