NEW POST

私がグルジア(ジョージア)旅行をオススメするワケ


グルジアの伝統的なダンスに現代の要素も取り入れた素敵なダンス!!

ここ最近、「独裁者と小さな孫」、「みかんの丘」、「とうもろこしの島」立て続けにグルジアの映画を観ました。

やっぱりコーカサスはいいところです〜。

が!地球の歩き方はロシアの分厚いガイドブックに「コーカサスの国々」と数ページ、しかも単色で掲載されているだけで全く魅力が伝えられていません!!


というわけで、今回グルジア旅行をオススメする理由について挙げたいと思います!


グルジア改めジョージアは旧ソ連国でした。1991年、ソ連の解体と同時に独立した国です。

そんなわけで、ロシア語がかなり通じます。アブハジア、オセチアなどの領土問題により、ロシアと対立が今でも続いています。

反露路線を取り、最近では教育での外国語の学習がロシア語から英語に切り替わりつつあるようですが、

現段階ではロシア語が英語よりかなり通じる国と言えます。

がまるじょーば!がグルジア語でこんにちは!です。それが可愛くて可愛くて、我々はがまる国家と呼んでいます。

文字も可愛いです。マルンマルンしています。
c0206311_01593931.jpg
日本にいるグルジア人だと、大相撲の臥牙丸!
まわしがグルジアの国旗ですねー!

Gagamaru 2010 Jan.JPG
By FourTildes - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link




グルジアにはかれこれ1ヶ月くらい滞在したのですが、そこから感じたグルジア人の性格を少し。

・酒呑み

よく飲みます。ありえないくらい。

4時間程度の道のりを宴会挟んで7時間で向かったことがありました。もちろん、ドライバーも飲んでますよ・・・

ビール、ウォトカの数・・・
c0206311_02040247.jpg
しかし運転技術は確かだったのが謎・・・。

その時の記事→民宿の多くは夕食のオプション付きです。夕食をつけるともれなくワイン飲み放題です。グルジアワインは美味しいと有名ですからね!!

あのピッチャーはワインです。ワインというか・・・ぶどう酒。自家製なので、アルコール度数がめちゃくちゃ高いです。

世界に出回っているワインとは全く別の飲み物のような気がします。
c0206311_02045380.jpg
全然飲めなかったんですが(きつすぎて)、宿の母さんはいけ好かない顔つきでした。


・人がいい

外が寒すぎて観光別にいいや、と思っている時に、宿を切り盛りするタマルさん、私とパン作りしてくれました!
c0206311_02110906.jpg
タマルさんの手作りパン、おいしいんだな〜

焼けたかなと思って台所に戻ったら、タマルさん、もう食べちゃってるし!
c0206311_02111317.jpg
毎年ここで冬を越すようですが、山奥の宿なので、寒くなると人がめっきり減ります。夏場は観光客もハイキングなどで押し寄せて忙しいのですが。
私がチェックアウトする時、寂しいよー寂しいよーと言っていたのがとっても可愛らしかったタマルさん。
c0206311_02112289.jpg
しかしグルジア人、「えっ?なんと言いました?」というフレーズ、ロシア語だと「シトー?」とか言われることが多いのですが

「あ”ー?」

です。それがちょっと怖いです。



そんな人々が住む、グルジアのいいところを紹介しますー


1、料理が美味しい

グルジア料理というと、日本ではあまり馴染みがないですが、私が出会ってきたロシア人は

「グルジア料理が美味しいから外食するときはグルジア料理屋に行く」

という人が多かったです。

それほどまでに言わしめるグルジア料理。

ハルチョ!
c0206311_02241031.jpg
グルジアの国民食ヒンカリ
c0206311_02243014.jpg
ハチャプリ
これは地方によっていろんなのがあります。これはアジャルリ・ハチャプリ!
c0206311_02241641.jpg
先に出てきたタマルさんの作る晩ご飯!
c0206311_02283893.jpg

どれも美味しかった!スパイスがいい具合にきいているのがグルジア料理の特徴でしょうか。

パンも美味しいんですが、パン屋がひどく閉鎖的です。この窓から買い求めるシステムです。もともと社会主義だったせいか、店に大きな窓なんてないんですが、とりわけ毎日買うパン屋に驚きました。

こういうのが特に首都・トビリシの街中に多かったです。
c0206311_02300898.jpg
そしてこんなに大きい。わたしのすぐ横にある窓の鉄格子のちょっとした隙間から、このままはいどーぞって渡されます。
c0206311_02312989.jpg


食べ物のこと、ここでも紹介していますー!
2、文化水準が高い

小さな国ですが、ソ連の社会主義で文化的なことに力を注ぐ体制があった影響で、美術館も立派なものがありますし、とても素敵な人形劇のシアターを見つけました。

こちらが美術館。
c0206311_02383337.jpg
中はグルジア出身の画家をはじめとして、かなり興味深い絵画が多かったです。マイナーな画家の絵は日本には来ませんからね!
c0206311_02393955.jpg
中でも気に入ったのが、ニコ・ピロスマニの絵。
c0206311_02410681.jpg

特徴をよく捉えていて、癒される可愛い作品が多かったです!
c0206311_02411272.jpg

小さな人形劇のシアター、レゾ・ガブリアゼという劇作家の作品を上演しています!

おもちゃ箱みたいな時計台が作られています。この下にチケット売り場があります。
c0206311_02364712.jpg
夜の風景。
c0206311_02371963.jpg

併設されているカフェが素敵だったので、何度か行きましたー
c0206311_02374823.jpg


3、風景がいい

自然を愛する人にはコーカサスは本当にお勧めできると思います。

いい写真は探せばいっぱい出てくるはずなので、興味を持った方は是非調べてみてください。

私は風景がいいことをにおわせられるような、変な写真を。

たとえばブタが道に 笑。
c0206311_02443212.jpg
牛が道を塞ぐのもインドだけではありません。
トルコから陸路でグルジアに来ましたが、国境を越えて風景の変化は牛が路上にいたことでした。
c0206311_02455985.jpg
田舎に行くと、乳搾りも普通に見ることができました。
c0206311_02450525.jpg
ごく普通にいるんですよ、牛が。
c0206311_02454823.jpg

懐かしさを感じる風景なのか、よくわかりませんけど。
c0206311_02445960.jpg
コーカサスは山が高いので、道が険しいです。あまり整備されていないので、コーカサスの移動はある程度の覚悟は必要かと思います。
c0206311_02471039.jpg

風景とは違いますが、グルジアの一場面。

マーケットも独特の雰囲気。
c0206311_02461678.jpg
黒海沿岸の街・バトゥミはいびつな都会でした。しかも一部分だけ。
c0206311_02445276.jpg
こないだ観た映画で知ったのですが、串焼き・ケバブは主にイスラム文化のもののようで、キリスト教を信じる人はあまり食べないそうです。
バトゥミが中心都市であるアジャリア自治共和国となっており、ここにはイスラム教を信じるグルジア人も多いようです。
ケバブを見て、さらに、焼いていけ!写真撮っていけよー!と言ってくれた人々はイスラム教だったのかもしれません。
c0206311_02563167.jpg
ロシアやトルコという大国に挟まれた国であるために、長い年月をかけていろんな民族がここを行き来し、いろんな民族があり、信じる宗教がさまざまなのは当然のことなのかもしれません。

それがあったために、今でも衝突を繰り返している地域もあります。しかし、今のこのグルジアの姿があるのは、そんな歴史があったからこそなのではないかとも思うのです。

今でもアブハジア、オセチア方面の一部分は危険なところもありますが、それ以外はとっても平和でいいところです。

興味のある方は是非グルジアへ!行かなくても、チェックしてみてはいかがでしょうかー!

トラックバックURL : http://sahnemiz.exblog.jp/tb/26100193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Erica at 2016-10-29 05:57 x
はじめまして!朝ごはんと旅で検索したらこちらにたどりつきました^ ^とてもおもしろく興味深く読ませていただきました!来年エチオピアに行くのにトルコ航空なのでついでにトルコに寄ろうと思っていまして、そのついででギリシャやクロアチアなどまわろうかなぁと思っていた時のこの記事、ノーマークでしたがグルジア行きたくなりました^ ^トルコからグルジアは陸路で入れないと聞いたことあったのですがそんなことないんですね^ ^
Commented by sahne-miz at 2016-10-30 00:15
Ericaさん 初めまして!コメントありがとうございます〜
トルコ航空だとイスタンブール乗り換えですかね?!グルジア、ちょっと遠いですし、ギリシャやクロアチアの反対ですが、是非是非お勧めいたしますっ!
トルコからグルジアは陸路で入れます。国境が封鎖されているのはアルメニアです!バスですいーっと入れますよ☆
エチオピア、いいですね!楽しんできてください!!
Commented by littlewing2000 at 2016-10-30 13:31
sahne-mizさん!伝わりました!
ガシガシと伝わってきました、素晴らしい魅力!
街や食べ物、文化、そして人!
リトルの「必ず行く国リスト」に記入します!
紹介してくれてありがとう☆
Commented by Erica at 2016-10-30 19:38 x
コメントお返事ありがとうございます^ ^
国境が封鎖されてるのはアルメニアでしたか>_<
そうです、イスタンブール乗り換えです!トルコは結構周ったのですが東の方はサフランボルまでしか行ってないので、バスで行くか飛行機で飛んじゃうか迷います^ ^
ありがとうございます!
ブログ楽しみにしています♪♪
Commented by sahne-miz at 2016-10-31 14:33
リトルさん!
伝わって嬉しいです☆グルジアの、人・・・!!
是非是非、リストに入れていただいて、この国の動向などチェックしていただければ!
またナイロビのお話も聞きに伺います♪
Commented by sahne-miz at 2016-10-31 14:34
トルコ、大きいですし、飛行機のほうが時間節約になりそうですね!最近トルコもLCC頑張ってますしね!
ありがとうございますー!
by sahne-miz | 2016-10-29 03:08 | 振り返る | Trackback | Comments(6)

カフェと朝ごはん、音楽を求めて17ヶ月・58カ国を旅行しました。Facebookページ「みんなのあさごはん!」やってます。もうすぐ訪問国70カ国!


by sahne-miz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31