NEW POST

悩ましいLCC・・・スピリット航空搭乗録・前半戦!コロンビアからフロリダ半島へ

c0206311_00233003.jpg
スピリット航空の搭乗録です。以前、乗った飛行機まとめでも紹介したのですが、詳細をまとめます。

あまり評判のよくないLCCなのですが、今回、どうしても安いフライトが見つからず、やむなく使わざるをえませんでした。

評判が良くない理由については、搭乗録を書く中で明らかになっていくことでしょう・・・涙。しっかりしている人が使えば大丈夫なんでしょうけど、間抜けな我々は結構イタイ目に遭わされました。
まぁそれも経験です!

コロンビア・ボゴタから次なる目的地はグアテマラ。中南米は陸で繋がっていますが、コロンビアの北に位置するパナマは陸の国境は閉鎖されている状況です。そのため船という抜け道があるにせよ、それ以外は空路のみ。

一番安いルートがこのフロリダ半島経由でした。スピリット航空利用。今回は緑色のフライトです。
c0206311_00312221.png
乗り換えと言っても、LCCなので2回のフライトを経るということになります。

我々の場合は
コロンビアからフロリダ半島
フロリダ半島からグアテマラ

です。

*  *  *

悩ましかったスピリット航空についてまとめてみます!

その1 荷物制限が厳しい

まずは預け荷物。一般的なLCCが追加料金を払うにせよ、20キロ・50ポンドまで、というのが主流ですが、この航空会社は40ポンド

40ポンドとは18キロ。ポンド計算というのがまた分かりにくいですし、20キロ切っているというのがポイントでもありました。

20キロぎりぎりでやりくりしていた私はこの航空会社に乗る前に徹底的に冬服は処分し(この時ようやく冬服とおさらば!)シェイプアップを図りました。

持ち込み荷物のサイズもインチで測っていますが、手荷物も一般的なLCCよりも小さめ設定です。悩ましいです。

それにインチ・ポンドを使うのは慣れません。計算も煩わしく感じました。
c0206311_23592542.jpg
この航空会社のfareclubというシステム。スピリット航空ヘビーユーザー用のシステムです。89ドル支払うことで、預け荷物が安く抑えられるとのことでした。
89ドル払っても二人分の預け荷物、3回分(今回の2回と、メキシコからアメリカへの移動に利用)が安くなることを計算した上で確認し入会しました。

後日談になりますが、1年後に・・・自動更新・自動引き落としになっていたようで、使う用事もないのにシステムの料金が差し引かれていました!間抜けです・・・ショック・・・
しっかり規約を読んでいなかった(もしかしたら忘れていたのかもしれない)私が悪いので文句は言えず。引き落とされた後にすぐ退会しましたw 来年からは大丈夫です涙。


その2 書類をプリントアウトしないと一人10ドルの罰金

前日にチェックインをしなければならず、その上で書類をプリントアウトしていかないと10ドルの罰金が科されます。
c0206311_23583931.jpg
プリントした書類にはエラーと表示されています。結局、この紙はチケットにはならないのです。改めてカウンターで搭乗券に交換しなければならないのです。
それでも、この書類をプリントアウトしなければ、10ドル。
交換してもらったチケット。

「これはもう用はないから破棄します!」
ホステルの近くの文房具屋さんで拙いスペイン語を使って印刷してもらった書類は数時間で、我々の目の前で破り捨てられたのでした。
切ないです。
c0206311_00001941.jpg

その3 座席の狭さがピカイチ
c0206311_00240194.jpg
その1、その2くらいならヨーロッパのLCCでもライアンエアーやwizzエアーなどでもこういった悩ましさはあったものです。

しかし、スピリット航空はその上をいっていました。座席の狭さといったら!!我々は典型的な日本人ですから、窮屈だとは言っても、なんとか数時間は我慢できます。体格のいいアメリカ人はもっと大変そうでした。じっとしている以外ないという・・・


スピリット航空のことは今回はこの辺りで。また今度のスピリット航空の記事にはもっと悩ましいことが出てきますので、お楽しみに(?)


*  *  *


ボゴタ空港では出国税だか空港使用税だか、なんだかの免除手続きをしなければなりませんでした。
航空会社カウンターの後ろ(カウンターを目の前に、背後に)あります。パスポートにもスタンプが押されました。
c0206311_23585692.jpg
チェックイン前に警官に止められ、アメリカに向かうに際し、いろいろと質問されるという記事も多く目にしましたが、税免除の手続きを済ませていること、ちゃんと今回搭乗のチェックインを済ませ、印刷してきていること、アメリカ出国のチケットを持っていることを確認した上で、質問は特にされませんでした。

ボゴタ空港のスピリット航空のカウンター。列はスムーズに進むことはあまりありません。みーんな荷物のこととか、書類のこととか、入国のこととか、いろいろとありましてね。カウンターのお姉さんも言ってましたw
c0206311_23591222.jpg
c0206311_23593850.jpg
あとは搭乗するだけ!無事に済ませたので空港内を。コロンビアではポピュラーなJuan Valdez。空港にもありました。
c0206311_23595272.jpg
コロンビアという国とアメリカのコロンビア州は綴りが違います。COLOMBIAが国の名前、COLUNBIAが州の名前。
その違いを訴えるようなお土産なども売られていました。
c0206311_00000536.jpg
南米、あっという間でした。さよなら!南米!!
c0206311_00282989.jpg
さよなら、ボゴタ!
c0206311_00283287.jpg
そして、カリブ海が見えてきて
c0206311_00283478.jpg
マイアミ!!!
c0206311_00283677.jpg
いろんなブログでも同じフライト・ルートを使っている人がいるのですが、マイアミ経由だという人もいます。

しかし!正確にはマイアミではなく、フォート・ローダデールというところ!

マイアミ空港というところはそれはそれであって、マイアミの北40キロに位置する保養都市なんだそうです。

実は我々、マイアミ空港近くのホテルを予約していて、数日前にこの事実に気づき、ホテルをキャンセルしたというインシデントがありました。
キャンセルもbooking.comはキャンセル料無料なので、助かりました・・・。

もし気づかず空港に到着していたら・・・ノーショーで宿泊料金を取られるばかりでなく、予約したのに空港で寝る羽目になるところでした。危ない。

フォート・ローダデール空港近くのホテルを予約し直し、事なきを得たのでした!
c0206311_01261308.jpg
続く〜!

トラックバックURL : http://sahnemiz.exblog.jp/tb/25691573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sahne-miz | 2016-06-11 01:33 | 乗る | Trackback | Comments(0)

カフェと朝ごはん、音楽を求めて17ヶ月・58カ国を旅行しました。Facebookページ「みんなのあさごはん!」やってます。もうすぐ訪問国70カ国!


by sahne-miz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31