NEW POST

グルジアからフェリーでウクライナへ

UKRフェリーという会社が黒海にフェリーを出しており、それに乗ってウクライナのオデッサに行くことが我々の夢でした。

オデッサへ船で行くということ。それは映画「戦艦ポチョムキン」がきっかけです。



この映画は水兵が士官に対して起こす反乱を描いた映画で、軍隊の本部は反乱を止めようとしますが、攻撃を命令された艦隊も

反乱を起こした水兵に味方してハッピーエンドで終わるストーリーです。 はしょりすぎかww


映画はとても古く、無声映画です。バックミュージックが流れるのですが、

それが我々の大好きなドミトリー・ショスタコーヴィチの交響曲が使われていることも大好きな理由のひとつです。

反乱を起こした水兵を支持した民衆までも混乱に巻き込まれると言う、オデッサの階段での虐殺のシーンがありますが

そのオデッサの階段は「映画史上最も有名な6分間」ともいわれています。ここがオデッサの一番の観光名所です!


実は我々の乗った船はオデッサ港ではなく、オデッサの近くのイリチェスク港というところに入港するのですが、

それでもウクライナに船で行くことをあきらめられないのでした。


UKRフェリーは他にもイスタンブールやブルガリアのブルガス、ルーマニアのコンスタンツェにも船を出していますが

それは夏だけ。冬のシーズンはグルジアのバトゥミかポチとウクライナのイリチェスク間だけ運行しているようでした。

週1本です。しかも3日かかります。急ぐ方は飛行機の方がベターかと思います。


我々はバトゥミから乗りました。

バトゥミのクタイシ通りにUKRフェリーの事務所があり、そちらでチケットを購入できます。
すみません、写真撮るの忘れてました!

代金は銀行振込となり、事務所に行くと振込の説明があると思います。メモを書いてくれるのでそれを銀行に提出し支払います。

近くに土日も関係なくあいている銀行があるのでそちらへ。米ドル払いでもグルジア・ラリ払いでも可能です。

チケットは4人部屋で2万円程度。食事込みです。シャワーもついています。

バトゥミの港ですが、なかなか地元の人もよく知らないようで、(だけどやっぱりタクシーの運ちゃんはよく知っている!)

港は1カ所!というのですが、実は2カ所あります。
c0206311_06303721.jpg
ツーリストインフォでも街ゆく人でも港は?と訊かれると、ここを指します。

ここも港ですが、ロシア・ソチ行きの高速艇の港で我々はこの船に乗ることができません。

CISの人とグルジアの人だけ乗れる船です。

c0206311_06294371.jpg
UKRフェリーの発着はバトゥミ駅の向かいにある港です。

だいたい毎週日曜の夜にウクライナに向けて出発するようです。

我々はイェレヴァンに延泊して、当日チケット購入でも大丈夫か心配だったのですが、それは難なくクリア。

ところがここで別の問題が。

「今日は天候悪くて船が港につけられないんだ。明日出航だよ!」

わかりました、待ちます。

結局、その次の日も大雨で船がつけられず、出発は2日後の火曜の深夜でした。
c0206311_07081421.jpg
右奥に泊まっているのが乗った船です。「あ!来てる!今夜は乗れるねー」


クタイシ通りの事務所に港に行く時間を尋ねて、夕方4時に港へ。

港で手続きをします。
c0206311_07220986.jpg
ここでもうひとつ問題が発生!

事務所のお兄さんも港へ来ていて「ごめん、君たちを乗せられないみたいだ。こちらも把握していなかったんだが、

ビザ持っていないとウクライナには入国できないみたいだ。」

「わかるでしょ、ウクライナは今、不安定だから状況も変わりやすいんだ」

グルジアの警察にそう言われたようで我々は焦ります。えーー2日も待ったのに・・・!!

はっきりさせるために大使館に電話することにしました。

すると、特に今までと変わっていないとのこと、90日以内であればビザは不要と。

「日本大使館は法律は何も変わっていないと言っていました!!」

グルジアの警察は「ちょっとこちらも確認してみる」

確認してから言ってほしかったです・・・。寿命が縮まる思いでした。

ということで、無事フェリーに乗れることになりました。

よく訊いてみると、11月にこの船に乗った日本人の乗客がウクライナに入国拒否され、グルジアの警察は法律が変わったのだと

思ったようなのでした。

乗客のほとんどはトラックドライバーで、発着国のグルジア、ウクライナをはじめとする旧ソ連圏の人々ばかりで

外国人観光客らしきは我々と1年近くアジアを旅行して来たトモさんという日本人だけ。


船は割と簡素でした。境港・ウラジオストク間の船の方が豪華でした。あの船は檜風呂がありましたから、特別だったんですね。

c0206311_07230791.jpg
ロビー
c0206311_07232207.jpg
部屋のベッド

4人部屋の3人は日本人で、もう一人はモルドヴァ人のドライバー・ヴィターリでした。

ヴィターリ、今回はオレンジを乗せたトラックをウクライナへ運ぶために乗船中とのことでした。

ヴィターリはこの船に何度も乗っているようで、動画でこの船からイルカの群れをみたときのものや

揺れに揺れて船に乗せている貨物列車がひとりでに動き出しているものを見せてくれました。

やはり旧ソ連圏は広いだけあって、想像を越えた距離を走っています。

5000キロなんて数字、びっくりしました。札幌・沖縄間が2300キロです。往復しても足りません。


他の部屋では歌を歌う男たち、ロビーでテーブルゲームに熱中する人々、ドラマに見入る人々、煙草をプカプカ話し込む人々・・・

私はというと・・・ベッドでずっと横になっているというww 食っちゃ寝の生活!そうやってクリスマスを過ごしたのでしたww
c0206311_07270726.jpg

乗船中は集団行動をとります。船に乗った瞬間からウクライナ時間で行動。

グルジアとウクライナは2時間の時差があるので2時間早めて行動します。

食事も決められた時間、しかも食事時間は30分と決められていて、レストランに集まって皆で食事をします。

2時間の時差があるために、夕方に乗ってから晩ご飯までの時間が長く感じました・・・。

さて、レストランへ集まるようにとの放送です。待ってました!
c0206311_07310305.jpg
テーブル番号は船にチェックインする際に伝えられており、そのテーブルに向かいます。

最初から最後まで、どのテーブルもきちんと皆決まった席で、乱れることはありませんでした。

そして、テーブルごとに用意された食べもの・飲み物にしても皆で平等に分け合います。

シベリア鉄道でも感じましたが、旧ソ連の人々は協調性がとてもあるので、一緒に行動しても全くストレスになりません。

食べたものはまたウクライナの食べたもの!で紹介したいと思いますー


夕食後にも船はまだ出航しておらず、出航したのは深夜1時、グルジア時間では3時だったのでした。

出航して、船の揺れで目を覚まします。部屋に設置された衣装ケースの扉がバタンバタン。何かが落ちて転がる音。

暗がりで、この船、大丈夫かな・・・と不安に思いました。

あとで知ったのですが、船がバトゥミにつけられなかったとき、同じ黒海のロシア領では大雨による地滑りで

石油パイプが破裂していたらしいです。それほどの雨で海も荒れていたのでしょう。

朝が来て揺れはおさまり、それからウクライナに到着するまでは、あの夜ほどまでには揺れませんでした。

黒海は内海だからと甘くみていましたが、やっぱり冬の海はどこも荒れるんですね!!

c0206311_07201304.jpg
c0206311_07212347.jpg
遮られるものなく空を仰げます。
c0206311_07402675.jpg
c0206311_07423707.jpg
黒海は日本語でも、英語でも、トルコ語でもロシア語でも黒い海という意味で、実際に他の海より黒いんだそうです。

理由はききましたが難しくて結局分かりません・・・。


ウクライナ・イリチェスクに到着は朝でした。海が荒れているので到着が送れるかもと言われていましたが、3日でなんとか到着。

船の中で入国審査です。我々が食事をしていたレストランにウクライナ警察が入って来て、そこに列を作って審査・・・。

前にも挙げたように日本人が入国拒否された件を心配していましたが、問題なく通過しました。

船での入国4回目!ロシア、ギリシャ、トルコ、それからウクライナ!!


イリチェスク港に到着すると、港の事務所までバスが送迎してくれます。大した距離じゃなかったけどww

そこから幹線道路まで出てバスに乗って30分程度でオデッサに到着です。


今回は我々の今までの船旅の中で一番ハードでした。

まず3日かかるということ。集団行動で、部屋以外くつろげる場所がなかったということ。

その分、人との距離が縮まるので、旧ソ連圏の慣習やロシア語を知るには良い環境かもしれませんね。



トラックバックURL : http://sahnemiz.exblog.jp/tb/23363234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sahne-miz | 2015-01-22 08:52 | 乗る | Trackback | Comments(0)

カフェと朝ごはん、音楽を求めて17ヶ月・58カ国を旅行しました。Facebookページ「みんなのあさごはん!」やってます。もうすぐ訪問国70カ国!


by sahne-miz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30